ホーム

メインメニュー

トピックパス

ホーム>

ペルー200g

商品詳細
ペルー200g

インカの遺跡として有名なペルーの南東部 クスコで栽培されたコーヒーです。

未開の栽培エリアで栽培された神秘的で魅惑のコーヒーです。

販売価格:1,200(税込)

(税抜 1,112)

豆の挽きかた

インカの遺跡として有名なペルーの南東部 クスコで栽培されたコーヒーです。
(インカハウシやインカワシというエリア)

希少な品種のブルボン種とティピカ種です。

ペルーは希少な品種の栽培や高品質なコーヒーの生産をしている小規模農家が多く、農協がそれを集めて取りまとめています。
多くは採れないコーヒーですが、大変おいしく高品質なコーヒーです。
すっきりとした味わいの後に甘さが口の中に広がります。


香り■■■■■■■■8
甘さ■■■■■■■■8
コク■■■■■■■7

酸味■■■■■5
焙煎:シティロースト
原産国:ペルー共和国
品種:ティピカ、ブルボン
精製方法:ナチュラル製法、ウォッシュド製法

***コーヒー豆知識***

[品種ティピカ]
エチオピア〜イエメン原産、あらゆる品種の原種の一つ。
インドネシア、インドを経て、ジャマイカへ移動。
中央アメリカから南米ブラジル〜ペルーなどに渡る。(1800年頃)
カップクオリティには優れているが実がなる量が少ないため、他の優良品種に比べると
約20%-30%生産量が少なく、背が高いことや病気に弱いことなど商業的に見合わない品種。
 
 
[品種ブルボン]
ティピカ同様に、エチオピア〜イエメン原産の原種系統に近い。
レ ユニオン島(旧ブルボン諸島)から宣教師たちによって、
1860年頃にブラジルに渡り、南北中央アメリカの広域に渡った。
生産量が比較的少なく、主要な病気にかかりやすい品種。
しかし、優れたカップクオリティを特徴としている。
東アフリカに品種ブルボンは広がっているが、ラテンアメリカの
ものと完全に一致するものではない。
 

 


関連商品

売れ筋ランキング

商品検索

検索フォーム

※キーワードを入れてください。
※機種依存文字は入力できません。
商品詳細検索へ

ショッピングカート

0点の商品が、
ショッピングカートに入っています。

カートを見る 会計
20204
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
20205
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 今日    発送お休みの日    イベント