ホーム

メインメニュー

トピックパス

ホーム> アイコン清酒

清酒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ画像

店主小林一三の東京農業大学醸造学科の同期、先輩、後輩の蔵元のお酒が揃っています。
特に小林酒店別誂えは見逃せません!!!

 店主一三の清酒への思いこだわりです。生原酒が当たり前に出回るようになり通常の1度から4度の冷蔵庫では生原酒が進んでしまい生ひね(熱劣化のようなもの)の香りが出てしまいます。

このことを教えてくれたのは南部美人雄三でした。「これから生原酒を扱うのであれば冷蔵庫ではなく冷凍庫が必要だぞとそれで完成したのが上の写真にあります特注の貯蔵、氷温熟成冷凍庫になります。神亀酒造の亡くなったお父さんには「捨ててしまえ!!!」「冷たい酒ばっかりでやめちまえ!!!」と言われましたが()

店舗内の冷蔵庫はマイナス5度設定になっています。

改めまして当店の生酒の管理はマイナス10℃氷温で管理していますのでヴィンテージ清酒氷温管理です。

写真の表示はマイナス7度ですが

基本マイナス10度設定になっています。

 

 

 

 

 

神亀さん大七、黒澤などの温かいお酒は大谷石の蔵での熟成になります。

左の写真のように栃木県鹿沼市気候熟成をしているので、こちらも他店にはない当店のみの熟成した清酒になります。

当店では早く飲める清酒もありますが、基本的に良いお酒は氷温、大谷石蔵にしろ熟成をして醸造年度(ヴィンテージ)名乗ること推奨しています。

 

カスタマーレビュー

商品検索

検索フォーム

※キーワードを入れてください。
※機種依存文字は入力できません。
商品詳細検索へ

ショッピングカート

0点の商品が、
ショッピングカートに入っています。

カートを見る 会計
20207
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
20208
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 今日    定休日    イベント