トップ   商品一覧&割引   新商品   農園の風景   ログイン  会員登録  買物手順  お問合せ 
商品カテゴリ
インカインチ粉末
新腹美人・寒天粉末
マキベリー粉末
モリンガ粉末・茶・タブレット
玄米全粒粉 小麦胚芽 玄米酵素(ケンコウキン)
カシス粉末・エキス
生姜粉末・生姜湯・生姜つまみ
豆乳の素&豆汁生活
玄米酵素・スーパー酵素
シリアルチョコ
有機シリアル・旨ゴマ
ハトムギ玄麦(粉・茶・粒)
黒砂糖(波照間・西表産・沖縄)
多良間黒砂糖粉末
玉葱皮粉末 粉末ヒジキ
黒ゴマきなこ
熟成黒にんにく
乾燥米麹
竹炭パウダー・桑の葉粉末
■■ドリンク・果汁・甘味
ノンカフェイン・カフェインレス
マテコーヒー・ライ麦コーヒー
玄米ジュース・麹発酵黒豆
蒸し生姜湯
てんさいオリゴ
ハチミツ 3種
メイプルシロップ・マヌカハニー
水素水・レモン果汁
■■ハーブティー
どくだみブレンド
韃靼そば茶・紅茶ボーティー
スーパールイボス・玄米まるごと茶
ラジュティー
梅昆布茶
■■油・酢・塩・だし
調味酢(えぇあんばい酢)
本格カレー粉
しょう油・だし・味噌
チョー超特選有機醤油
塩昆布 無添加
オリーブオイル
ココナッツオイル
亜麻仁油(アマニユ)
菜種油
慈眼・銀河の塩
アゴダシ・即席ダシ
粉末納豆・ドライトマト
キムチ・サルサ
■■キノコ・梅・海藻・野菜
鮭焼きほぐし(フレーク)
ふりかけ(梅・シソ・ワカメ)
乾燥コンニャク 
梅干 梅肉エキス 梅玉 梅ジャム 絹梅
無肥料・無農薬
なめ茸・フキノトウ
■■つまみ・おやつ
粒あん・黒千石きな粉
缶詰(鯖缶・鰯缶)
金華さば缶・ヒジキ缶
鮭缶・サンマ缶
鰹スライス
ドライフルーツ 無添加
ドライ納豆
乾燥納豆(納豆菌)
ミックスナッツ
クルミ黒糖・チョコレート
パン&亜麻仁油・全粒粉
◎茶漬 無添加
びわの良さ
オイル・クリーム
屋久杉の箸
全粒パン ホームベーカリー
肌・髪ケア
プレゼント・ギフト・お歳暮
相棒
お店からのお知らせ
●送料、支払方法
●発送について
●海外発送について
●会社概要
ショッピングカート
0 点の商品が、
ショッピングカートに入っています。
カートをみる 会計
ショッピングカート
携帯電話でQRコード(画像)を
読み込んでください。
商品詳細
玄米全粒粉 小麦胚芽 玄米酵素(ケンコウキン)
玄米酵素 ケンコウキン 商品名: 玄米酵素 ケンコウキン
商品コード: F165

商品説明
玄米酵素 ケンコウキン 250g
胃腸のスッキリ感の違いで分かる酵素の力


病気や体調不良の人に共通なのが酵素とミネラル不足ですが、意外と知る人は少ないです。栄養学では酵素を必須の栄養素としてあげていないことも影響しています。ビタミンや抗酸化物質はよく取り上げられますが、酵素・ミネラルは盲点になっています。お腹がすくことはとても大事で、玄米酵素を食べると胃腸のスッキリ感で酵素の大切さが分かります。

■不調や病は消化が悪いことが出発点
元気の一番のポイントは腸内環境を良くすることですが、そのためには消化を良くすることがまず重要で、胃腸のスッキリ感があるかどうかです。

胃腸は真夏の暑い環境のようなもので、消化に手間取ると、この暑い環境に食品を長時間放置していることと似たような状況になります。悪玉菌が増え腸内の腐敗環境が小腸から血液に伝わります。顕微鏡で見ると、赤血球・白血球が団子状態になり、形はいびつで、ばい菌まではっきり見ることができます。

胃腸のスッキリ感不足とは、このようなどろどろの血液を作っていることを意味します。つまり、血液で栄養素や酸素が十分に運ばれず、又白血球の状態も悪くなり免疫力も落ちてきます。冷え性から不整脈等の自律神経失調症に、更に梗塞やガン等のいわゆる生活習慣病の遠因となってきます。

■酵素の大切さを知れば食べ過ぎにブレーキ
玄米酵素・生野菜・果物・発酵食品のように酵素の多いものを食べると胃腸のスッキリ感が違うため、「元気になるには消化を良くすることが必須である」、つまり、「酵素は不可欠である」ことが実感できるようになります。

又、食べ過ぎは、酵素を余分に使い胃腸を疲れさせ腸内環境が悪化することも分かるようになります。腸内環境の悪化は、通じの具合(便秘・下痢・色・臭い・太さ・量)でも分かります。

つまり、酵素不足や食べ過ぎは、消化・吸収・解毒・排泄を阻害し、血液が汚れコリ・痛み・痒み・肌荒れ等を信号とし、不調や病気の原因にもなります。

■実感できる酵素とは
玄米酵素ケンコウキンを食中か食後にスプーン1杯食べると、お腹が鳴るほどにすいてくることもあります。

通じの改善では玄米全粒粉、高微量栄養素補給では小麦胚芽、消化を良くする力は玄米酵素という具合に、それぞれ得意な分野の第一人者といえます。

お腹がすいて食べても太り過ぎを心配する必要がないのがこれら粉類の優れているところです。

■ケンコウキンの原材料
原材料: 米ぬか、米胚芽、米酢、ニンニク、麹菌
無添加
摂取量: 小さいスプーン1杯(3g程)を食事中か食後に1日2〜3回
製造者: (有)万成食品(50年の実績がある玄米酵素のパイオニア)

米ぬかと米胚芽に麹菌を作用させ、ニンニクと米酢が加わっています。 

■(玄米全粒粉+小麦胚芽)と玄米酵素の良さの違い
当サイトの様々なモニターや関係者の事例から食養生として以下のように考えています。
*便秘・肥満:         身体の掃除屋である玄米全粒粉
*貧血・下痢・痩せ:     ミネラル・ビタミンの宝庫小麦胚芽
*不調・生活習慣病全般:  玄米全粒粉+小麦胚芽
*胃腸のスッキリ不足・食べ過ぎ:  玄米酵素

基本は玄米全粒粉+小麦胚芽で、便秘が強いなら玄米全粒粉を多めに、貧血や下痢がひどいなら小麦胚芽を多めがポイントです。更に玄米酵素を加えると胃腸全体のスッキリ感が違い比較的短期間にパワーアップが期待できる感じです。

又、肌に関心の強い方はハトムギ全粒粉+小麦胚芽の組み合わせを摂られる方も多いです。

玄米酵素ケンコウキン 5個+1個サービス (16%割引)
販売価格:\2,808(税込)  
玄米酵素 ケンコウキン

■胃薬を飲むよりも玄米酵素
食べ過ぎると胃のむかつきを抑えるために胃薬を飲む傾向がありますが、胃酸の分泌を抑える胃薬を常飲すると胃がんの元と言われるピロリ菌などの雑菌が増えてきます。日本人に胃がんが多いのは胃薬の常飲が大きく影響しているという専門家もいます。

お腹一杯の時でも、玄米酵素をスプーン1杯とると、消化の具合が違うことがハッキリと分かります。又、食べてすぐ寝ると消化が進まなくなるので胃に負担をかけますが、遅い夕食の時にも玄米酵素を少し摂ると違いが実感できます。

但し、玄米酵素のスッキリ感に頼り過ぎ、食べ過ぎると、胃腸のもたれがでてきますので、玄米酵素でも胃腸のもたれが出る場合は、明らかな食べ過ぎです。
 
■酵素の大切さが分かるエスキモーと動物の事例
1920年代より病気をしない北米エスキモーの調査が様々な機関により実施されてきました。野菜や穀類を食べず、アザラシや魚の生食のみにもかかわらず、ガン・心疾患・脳卒中・糖尿病・高血圧・アレルギー・歯周病などの生活習慣病が皆無に近かったことが報告されています。

このエスキモーが西洋型食生活を始めると、短期間に様々な生活習慣病を発症することも確認されています。

これらの状況より、生活習慣病にかからない重要な食の要素は、生きた菌である酵素を摂取するかどうか大きくかかわってきているとみることができます。

生を食べる野生の動物には、病気がほとんどみられないことが知られています。野生動物を動物園などで飼育し、過熱した餌を与えると、短期間にガンや血液性の疾患の症例、つまり生活習慣病になるそうです。肉などの生食を与えると又元気になるとのことです。

肉食獣は仕留めた獲物の腸から食べ始めますが、酵素補給が大切なことを知っているためです。

■酵素補給が元気の素
人が作れる酵素の全体量は一定で、消化酵素と代謝酵素の2種類と言われています。食べ過ぎると消化酵素が大量に消費され、代謝酵素がその分少なくなり肥満やデトックス不足にもなり不調や病につながっていく傾向になります。

食事で生食や発酵食品により酵素を補給すると、消化が促進され、その分代謝酵素が働くことになり、元気度アップにつながります。このため、酵素を多く含む食事やサプリメントの療法も確立され、生活習慣病の改善にも大きな成果もあげるようになってきました。

■世界の長寿地域に共通する酵素
日本の長寿地域、中央アジアのコーカサスやフンザ地方、ブルガリア等の世界的な長寿地域に共通する食の中身は、全粒粉・野菜・発酵食品・果物です。アジアでは大豆発酵食品や酢・漬物があります。

大豆発酵食品は加熱した後に麹菌や納豆菌を加えて発酵させ、発酵により酵素を大量に作り出しています。

植物も発酵食品の酵素も、人が体内で作り出す酵素も、消化や代謝酵素であることに変わりなく、このため生野菜・果物・発酵食品で積極的に酵素を摂取することが推奨されています。

■玄米酵素の好転反応
ケンコウキンはパワーがある分、稀に発熱・頭痛・湿疹等の好転反応がでる可能性があり、その場合は摂取量を少なくして下さい。

玄米全粒粉+小麦胚芽では好転反応はでませんが、ケンコウキンは酵素がある分、強力で体調をみながら、摂取量を調整して下さい。必要ならしばらく摂らないことも含めて乗り切っていけば元気になっていきます。

■酵素たっぷりな食生活が基本
ビタミンやファイトケミカルはミネラルと酵素がないとうまく機能しません。
又、ミネラルは酵素不足では働かず、酵素はミネラル不足では十分に働かないことが知られています。

このため、玄米全粒粉+小麦胚芽、玄米酵素だけでなく、生野菜・果物・発酵食品(納豆・味噌・酢)等の酵素をたくさん含む食品を摂ることがお勧めです。

忙しい・料理をする時間がない・料理ができない・買物に行けない・単身赴任・一人暮らし・国内外の出張が多いなどのミネラル・ビタミン・酵素・ファイトケミカルが不足しやすい環境では、この玄米酵素は重宝です。


| 会社概要 | プライバシーポリシー | お支払方法について | 配達について | 特定商取引法に基づく表示 | お問合せ |
Copyright(C) 2007ナガミネコーポレーション株式会社