トップ   商品一覧&割引   新商品   農園の風景   ログイン  会員登録  買物手順  お問合せ 
商品カテゴリ
インカインチ粉末
新腹美人・寒天粉末
マキベリー粉末
モリンガ粉末・茶・タブレット
玄米全粒粉 小麦胚芽 玄米酵素(ケンコウキン)
カシス粉末・エキス
生姜粉末・生姜湯・生姜つまみ
豆乳の素&豆汁生活
玄米酵素・スーパー酵素
シリアルチョコ
有機シリアル・旨ゴマ
ハトムギ玄麦(粉・茶・粒)
黒砂糖(波照間・西表産・沖縄)
多良間黒砂糖粉末
玉葱皮粉末 粉末ヒジキ
黒ゴマきなこ
熟成黒にんにく
乾燥米麹
竹炭パウダー・桑の葉粉末
■■ドリンク・果汁・甘味
ノンカフェイン・カフェインレス
マテコーヒー・ライ麦コーヒー
玄米ジュース・麹発酵黒豆
蒸し生姜湯
てんさいオリゴ
ハチミツ 3種
メイプルシロップ・マヌカハニー
水素水・レモン果汁
■■ハーブティー
どくだみブレンド・宝寿茶
韃靼そば茶・紅茶ボーティー
スーパールイボス・玄米まるごと茶
ラジュティー
梅昆布茶
■■油・酢・塩・だし
調味酢(えぇあんばい酢)
本格カレー粉
しょう油・だし・味噌
チョー超特選有機醤油
塩昆布 無添加
オリーブオイル
ココナッツオイル
亜麻仁油(アマニユ)
菜種油
慈眼・銀河の塩
アゴダシ・即席ダシ
粉末納豆・ドライトマト
キムチ・サルサ
■■キノコ・梅・海藻・野菜
鮭焼きほぐし(フレーク)
ふりかけ(梅・シソ・ワカメ)
乾燥コンニャク 
梅干 梅肉エキス 梅玉 梅ジャム 絹梅
無肥料・無農薬
なめ茸・フキノトウ
■■つまみ・おやつ
粒あん・黒千石きな粉
缶詰(鯖缶・鰯缶)
金華さば缶・ヒジキ缶
鮭缶・サンマ缶
鰹スライス
ドライフルーツ 無添加
ドライ納豆
乾燥納豆(納豆菌)
ミックスナッツ
クルミ黒糖・チョコレート
パン&亜麻仁油・全粒粉
◎茶漬 無添加
びわの良さ
オイル・クリーム
屋久杉の箸
全粒パン ホームベーカリー
肌・髪ケア
プレゼント・ギフト・お歳暮
相棒
お店からのお知らせ
●送料、支払方法
●発送について
●海外発送について
●会社概要
●配達時間指定について
ショッピングカート
0 点の商品が、
ショッピングカートに入っています。
カートをみる 会計
ショッピングカート
携帯電話でQRコード(画像)を
読み込んでください。
相棒

相棒 L型 (メーカー名;健棒) 商品名: 相棒 L型 (メーカー名;健棒)
商品コード: F418

販売価格:\ 4,936  

商品説明

相棒 L型  
身体・目・脳の運動ができる

相棒(健棒)の使い方

どんなに身体や目にいいものを食べても、40歳を過ぎると、ある程度身体や目を動かさないと、毎日元気一杯とか、老眼を押し戻すことは、少しずつ難しくなり、60近くになると年の波を感じるようになる人が多いです。又80を過ぎ自分のことは自分ででき、目も耳も口も達者にするには、筋肉や目・頭を日々自然と使ってしまうような習慣が大切になってくるようです。健康・運動器具もしばらくしたらお蔵入りというようなパターンがあります。

又、目に良いサプリや食品である程度改善されても老眼までは改善しにくい人は結構います。脳の情報の8割は目から入るといわれますが、老眼の度合いがひどくなると、脳への刺激も減り、記憶力や思考力の低下も加速してきます。

そこで注目したのが飽きが来ず、身体だけでなくうまく使うと目や脳の運動までできてしまう【相棒】と呼ぶ木製の棒です。この棒はメーカー名は健棒といいますが、不思議に毎日何となく使いたくなる棒で当方では相棒と呼んでいます。

■毎日続けたくなる相棒
この種のものでまず大切なことは毎日使いたくなるかということ、次いでコリをほぐし血流を良くするだけでなく、背骨と骨盤と下半身をつなぐ抗加齢筋では最重要の大腰(ダイヨウ)筋、及び目や脳にまで良い影響を与えることができるかがポイントになると思います。この相棒は木製の110cmと60cmの2種類があります。

何だ、棒かと思うかもしれませんが、どちらかの棒を両手で両端をもってどんな動きでもいいので左右・斜め・上下等に身体を動かせばいいです。

ラジオ体操では得られないような身体の伸び縮みが無理なくでき何となく心地よいです。相棒が毎日使いたくなるのに対し、その辺にある単なる棒では長続きはしにくいです。木や竹ではトゲの心配もあり握り心地もあまりよくなく、スチールパイプは寒いと冷たいです。相棒に慣れると手ぶらの運動は物足りなく感じます。

書店や図書館又ネットには、筋肉や目の運動を紹介している有益な本や情報もたくさんありますが、自ら好んで様々な運動を行うようなキッカケが大事で、相棒と付き合っていると運動する習慣がつきやすくなります。

■相棒で大腰筋を鍛えるキッカケに
大腰筋が衰えると転倒しやすくなります。加齢と共に臀部が垂れ気味で腹は出て猫背がかってくる傾向がありますが、上半身と下半身を支える大腰筋が小さくなってきているのが主因といわれています。

大腰筋が衰えると背骨と骨盤に歪みが生じ、自律神経失調、血流や腸のぜんどう運動低下、腰痛や冷えにも関係してくる場合があります。

大腰筋を鍛える手軽な運動の一つに、進行方向に向かって前の膝を90度になる程に歩幅を広くして身体を落とす運動がありますが、同時にどんな動きでもいいので相棒の運動も組み合わせるといいです。

腿上げも大腰筋を鍛え、パソコンをする時に片足をちょっと上げるだけでもいい運動になり、相棒をやっていると運動への意識も違ってきます。


■相棒の使い方
(1)相棒の使い方は両手で相棒を持ち、左右・斜め・上下に自分の好みで回りに注意しながら動かせばいいです。

(2)身体をひねったり動かしたりする時に目も思いっきり動かすといいです。相棒を使うのは立ってでも座ってもOKです。

(3)動かす時にまず息をおもいっきり吐いてその後下腹を膨らませながらたくさん吸い込むと良さを更に実感できます。

●L型 32mmx110cm 520g  

身体や目や脳の運動から、腹式呼吸やストレス軽減までも手助けしてくれる重宝な相棒で毎日好んで使いたくなるとコストパフォーマンスは高いと感じるようになります。できればマイ棒をもった方が相棒を使うのにも身が入いります。

相棒で身体を動かす習慣がつくと、昼間は活動的に、夜はぐっすり、朝スッキリの一助になりそうです。
うまく使いこなすなら【相棒】は生涯の良き相棒になるかもしれません。

相棒 S型 (メーカー名;健棒) 商品名: 相棒 S型 (メーカー名;健棒)
商品コード: F419

販売価格:\ 3,240  

商品説明
相棒 S型  長さ:60cm
身体・目・脳の運動ができる
相棒(健棒)の使い方

どんなに身体や目にいいものを食べても、40歳を過ぎると、ある程度身体や目を動かさないと、毎日元気一杯とか、老眼を押し戻すことは、少しずつ難しくなり、60近くになると年の波を感じるようになる人が多いです。又80を過ぎ自分のことは自分ででき、目も耳も口も達者にするには、筋肉や目・頭を日々自然と使ってしまうような習慣が大切になってくるようです。健康・運動器具もしばらくしたらお蔵入りというようなパターンがあります。

又、目に良いサプリや食品である程度改善されても老眼までは改善しにくい人は結構います。脳の情報の8割は目から入るといわれますが、老眼の度合いがひどくなると、脳への刺激も減り、記憶力や思考力の低下も加速してきます。

そこで注目したのが飽きが来ず、身体だけでなくうまく使うと目や脳の運動までできてしまう【相棒】と呼ぶ木製の棒です。この棒はメーカー名は健棒といいますが、不思議に毎日何となく使いたくなる棒で当方では相棒と呼んでいます。

■毎日続けたくなる相棒
この種のものでまず大切なことは毎日使いたくなるかということ、次いでコリをほぐし血流を良くするだけでなく、背骨と骨盤と下半身をつなぐ抗加齢筋では最重要の大腰(ダイヨウ)筋、及び目や脳にまで良い影響を与えることができるかがポイントになると思います。この相棒は木製の110cmと60cmの2種類があります。

何だ、棒かと思うかもしれませんが、どちらかの棒を両手で両端をもってどんな動きでもいいので左右・斜め・上下等に身体を動かせばいいです。

ラジオ体操では得られないような身体の伸び縮みが無理なくでき何となく心地よいです。相棒が毎日使いたくなるのに対し、その辺にある単なる棒では長続きはしにくいです。木や竹ではトゲの心配もあり握り心地もあまりよくなく、スチールパイプは寒いと冷たいです。相棒に慣れると手ぶらの運動は物足りなく感じます。

書店や図書館又ネットには、筋肉や目の運動を紹介している有益な本や情報もたくさんありますが、自ら好んで様々な運動を行うようなキッカケが大事で、相棒と付き合っていると運動する習慣がつきやすくなります。

■相棒で大腰筋を鍛えるキッカケに
大腰筋が衰えると転倒しやすくなります。加齢と共に臀部が垂れ気味で腹は出て猫背がかってくる傾向がありますが、上半身と下半身を支える大腰筋が小さくなってきているのが主因といわれています。

大腰筋が衰えると背骨と骨盤に歪みが生じ、自律神経失調、血流や腸のぜんどう運動低下、腰痛や冷えにも関係してくる場合があります。

大腰筋を鍛える手軽な運動の一つに、進行方向に向かって前の膝を90度になる程に歩幅を広くして身体を落とす運動がありますが、同時にどんな動きでもいいので相棒の運動も組み合わせるといいです。

腿上げも大腰筋を鍛え、パソコンをする時に片足をちょっと上げるだけでもいい運動になり、相棒をやっていると運動への意識も違ってきます。


■相棒の使い方
(1)相棒の使い方は両手で相棒を持ち、左右・斜め・上下に自分の好みで回りに注意しながら動かせばいいです。

(2)身体をひねったり動かしたりする時に目も思いっきり動かすといいです。相棒を使うのは立ってでも座ってもOKです。

(3)動かす時にまず息をおもいっきり吐いてその後下腹を膨らませながらたくさん吸い込むと良さを更に実感できます。

●L型 32mmx110cm 520g   ●S型  32mmx60cm 280g  

・選ぶ目安: 職場用ならS型、身長160cm以上ならL型、以下ならS型、男性ならL型、女性ならS型、体力自信ならL型

相棒 L型+S型 (メーカー名:健棒) 商品名: 相棒 L型+S型 (メーカー名:健棒)
商品コード: F420

販売価格:\ 7,767  

商品説明
相棒 L型+S型  
身体・目・脳の運動ができる
相棒(健棒)の使い方

どんなに身体や目にいいものを食べても、40歳を過ぎると、ある程度身体や目を動かさないと、毎日元気一杯とか、老眼を押し戻すことは、少しずつ難しくなり、60近くになると年の波を感じるようになる人が多いです。又80を過ぎ自分のことは自分ででき、目も耳も口も達者にするには、筋肉や目・頭を日々自然と使ってしまうような習慣が大切になってくるようです。健康・運動器具もしばらくしたらお蔵入りというようなパターンがあります。

又、目に良いサプリや食品である程度改善されても老眼までは改善しにくい人は結構います。脳の情報の8割は目から入るといわれますが、老眼の度合いがひどくなると、脳への刺激も減り、記憶力や思考力の低下も加速してきます。

そこで注目したのが飽きが来ず、身体だけでなくうまく使うと目や脳の運動までできてしまう【相棒】と呼ぶ木製の棒です。この棒はメーカー名は健棒といいますが、不思議に毎日何となく使いたくなる棒で当方では相棒と呼んでいます。

■毎日続けたくなる相棒
この種のものでまず大切なことは毎日使いたくなるかということ、次いでコリをほぐし血流を良くするだけでなく、背骨と骨盤と下半身をつなぐ抗加齢筋では最重要の大腰(ダイヨウ)筋、及び目や脳にまで良い影響を与えることができるかがポイントになると思います。この相棒は木製の110cmと60cmの2種類があります。

何だ、棒かと思うかもしれませんが、どちらかの棒を両手で両端をもってどんな動きでもいいので左右・斜め・上下等に身体を動かせばいいです。

ラジオ体操では得られないような身体の伸び縮みが無理なくでき何となく心地よいです。相棒が毎日使いたくなるのに対し、その辺にある単なる棒では長続きはしにくいです。木や竹ではトゲの心配もあり握り心地もあまりよくなく、スチールパイプは寒いと冷たいです。相棒に慣れると手ぶらの運動は物足りなく感じます。

書店や図書館又ネットには、筋肉や目の運動を紹介している有益な本や情報もたくさんありますが、自ら好んで様々な運動を行うようなキッカケが大事で、相棒と付き合っていると運動する習慣がつきやすくなります。

■相棒で大腰筋を鍛えるキッカケに
大腰筋が衰えると転倒しやすくなります。加齢と共に臀部が垂れ気味で腹は出て猫背がかってくる傾向がありますが、上半身と下半身を支える大腰筋が小さくなってきているのが主因といわれています。

大腰筋が衰えると背骨と骨盤に歪みが生じ、自律神経失調、血流や腸のぜんどう運動低下、腰痛や冷えにも関係してくる場合があります。

大腰筋を鍛える手軽な運動の一つに、進行方向に向かって前の膝を90度になる程に歩幅を広くして身体を落とす運動がありますが、同時にどんな動きでもいいので相棒の運動も組み合わせるといいです。

腿上げも大腰筋を鍛え、パソコンをする時に片足をちょっと上げるだけでもいい運動になり、相棒をやっていると運動への意識も違ってきます。


■相棒の使い方
(1)相棒の使い方は両手で相棒を持ち、左右・斜め・上下に自分の好みで回りに注意しながら動かせばいいです。

(2)身体をひねったり動かしたりする時に目も思いっきり動かすといいです。相棒を使うのは立ってでも座ってもOKです。

(3)動かす時にまず息をおもいっきり吐いてその後下腹を膨らませながらたくさん吸い込むと良さを更に実感できます。

●L型 32mmx110cm 520g   ●S型  32mmx60cm 280g  

・選ぶ目安: 職場用ならS型、身長160cm以上ならL型、以下ならS型、男性ならL型、女性ならS型、体力自信ならL型

<< 前へ 1 次へ >>


| 会社概要 | プライバシーポリシー | お支払方法について | 配達について | 特定商取引法に基づく表示 | お問合せ |
Copyright(C) 2007ナガミネコーポレーション株式会社