ホーム

メインナビゲーション

トピックパス

ホーム> 炭之家牛タンの秘密

炭之家牛たん美味しさの秘密



仙台牛たん美味しさの秘密
仙台牛たんと普通の牛たんの違い

 仙台牛タンの場合、原料である牛タン(原木)を皮むき、
分厚いスライスした後に、数日をかけて、
「仕込み」と呼ばれる熟成作業 を行うところにあります。

その工程は、温度・湿度管理から熟成期間に至るまで、
手作りの日本酒を醸造するような繊細な作業をしております。
なので、同じ牛の同じ部位を使用しても仕込みの方法によってお店ごとに全く違った味になるのです。

一般の焼肉屋さんで出されるタン塩の場合、こうした仕込み作業がなく、すぐに盛り付けされ食べられます。
一方仙台牛タンはこうした長い仕込み作業を経て、分厚いのに柔らかく、味わいある牛タンになるのです。


仙台牛タンと炭之家牛たんの違い

現在ほど、牛タンが有名ではなかった時代に、お土産で持ち帰る品と、お店で出される品では
味・柔らかさに相当なバラつきがありました。
炭之家では、飲食店を持っておりませんでしたので、逆に家庭でも仙台の牛タンの品質を落さないにはどうすればいいか
徹底的に追及し、30年間研究開発してきました。

これにより、炭火のない家庭用フライパン・ホットプレートなので焼いても99%本場仙台の牛タンを味わうことができる品を作り続け30年間皆様に届けできたと自負しております。


仙台炭之家仕込みの秘密

炭之家では、仕込みの際 オーストラリア産・沖縄の塩をブレンドしたものを使います。
更に、他社ではできない玄米(国産米100%)から作った玄米発酵調味料に浸透させる当社独自の玄米発酵浸透圧製法により、酵素の力を引き出します。

それにより、SOD、酸化防止、鮮度維持、悪臭の消臭、硬化したもの軟質化、短時間での優れた浸透性など酵素の働きにより、独自の安全性の高い品になります。


身体への吸収を促進させるためお年寄りにも人気

玄米発酵調味料を玄米から発酵させ生成するのに味噌から抽出した乳酸菌を使用しているため、腸内酵素を活性化し消化吸収を促進しながら腸内をきれいにする!



お店オススメ商品

    • 牛タン塩仕込み300g
    • 牛タン味噌仕込み170g
    • プレミアム牛たん260g

商品検索

検索フォーム

※キーワードを入れてください。
※機種依存文字は入力できません。
商品詳細検索へ

ショッピングカート