ホーム

メインメニュー


 【 会員様へ大切なお知らせ 】 
「購入ポイント」を貯めるためには
会計時にログインではなく、最初にログインしてください。 ぺージ数が多くなると、表示される時間がかかるため「サプリメントページ」、「缶詰ページ」はログイン後に自動表示される設定になりました。 

トピックパス

ホーム> アイコンDOGサプリメント

DOGサプリメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ画像



「できるだけサプリメントを与えてほしい理由」



サプリメントも与えるほうが良いと思うのは「与えないより、与えているほうが確実に元気で健康に歳を取るから」です。

ドッグフードには肉が多くても、サプリメントは動物や魚の皮や骨、植物や木の根などが使われていて、肉主体のサプリメントはありません。


当店は、元気でも5歳を超えたら年齢的なことも考え、サプリメントをお勧めしています。


健康で問題なければ、サプリメントを使った方が良い!とは言い切れませんが、年齢や体質によります。


ワンちゃんの年齢が(小型犬)8歳になると、約48歳と言われています。シニア犬といってよい年齢ですので、元気でも健康で長生きを意識されるお客様は使った方が良いと言えるでしょう。



又、年齢が3歳、4歳で、今は元気ですが、以前病気したことがあり、心配があるなどの方にもおすすめしています。

人間で考えた場合でも極端ですが、20歳代の若者でもサプリメントを持ち歩く方もいます。


人間は自分の意思で決めて、悪くならないように、元気な時から飲む!調子が少し悪くなったら飲む!サプリは飲まない!など決めるのですが、ワンちゃんの場合は自分で飲むことができないので、飼い主さんの意思決定になります。


当店は、元気でも5歳を超えたら年齢的なことも考え、サプリメントをお勧めしています。

理由は5歳は、人間年齢で小型犬は約36歳を超え、大型犬に至っては40歳を超えてきます。

ワンちゃんは、新陳代謝が人間の約4倍で体内にある酵素(消化酵素や代謝酵素)を4倍のスピードで消費します。人間の4倍の酵素が必要と言われています。(自然療法院院長 宮野のり子先生著書より引用)

酵素年齢と共に、どんどん減少していきます。


酵素(消化酵素や代謝酵素)が不足することの弊害は、消化不良、栄養が吸収できない、体内の細胞に毒素やごみがたまり排出できない、などによって、臓器が本来の働きができなくなり、体調不良や病気になる。と言われています。(体内の老化現象)


それを補うために、サプリが必要になってきます。

ドッグフードは研究に研究を重ね、20年前に比べればどこのメーカーも素晴らしい上質なフードになっていますが、熱処理しているものなども多く、栄養を完全に補完できるわけではありません。


悪くなってからケアしたのでは、ワンちゃん猫ちゃんに苦しい思いをさせることになるので、当店では目安として、5歳を超えたらサプリメントなどの栄養補助食品を推奨しています。


さらに言えば、犬種特性というものがあり、例えば、ダックスやコーギーなどはヘルニアになりやすい。プードルやチワワは脱臼など、関節を痛めやすいなどもありますので、あくまでも目安ですが、もっと早い時期からケアしてあげる必要のある犬種もいます。

1歳2歳の健康上、何の問題もない元気なワンちゃんにサプリを使う必要はないかもしれません。

でも、3歳でも、毛のつや、毛吹き、便の状態が悪いなどの心配事があるときにお勧めするのが基本と思っています。


※こちらの商品購入は、ログインページからお願いします。


サブカテゴリ

※レビューを投稿して頂いた会員様には、レビュー掲載後に100ポイント付与致します。

カテゴリ内商品

商品並べ替え

カスタマーレビュー

商品検索

検索フォーム

※キーワードを入れてください。
※機種依存文字は入力できません。
商品詳細検索へ

ショッピングカート

0点の商品が、
ショッピングカートに入っています。

カートを見る 会計
20192
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
20193
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 今日    定休日    イベント